キャッシングの比較:会社ごとの年利について

キャッシングは生活費を一時的に補う目的や急な出費が発生した場合に有用な手段で、簡単な手続きを行うだけで現金を借りられる利点を持っています。
お金を借りる行為によって生じる利息は借り入れ先の金融会社によって大きく異なるものの、年利換算で上限が定められている事から法外な利息を請求する事は不可能となっています。
上限利率は借りる金額によって変動し、10万円未満の少額キャッシングでは年換算で20%まで、100万円以上では15%が限度とされており、低く設定されている会社を選ぶ事が安く済ませるポイントとなります。
また、年利の比較だけでなく返済方法にも気をつけておく必要があり、一括もしくは分割払いが可能なキャッシングほど有利な一方で、リボルビング払いを主軸としたローン形式のものは返済が長引く分だけ余計な利息を支払い続ける結果に繋がります。
このような要素からキャッシング先を比較する際には、負担する利息と完済までの日数を考慮しておく事が大切です。