過払い金の原因となる即日融資キャッシングのグレーゾーン金利

即日融資キャッシングを利用する際に気を付けておきたいのが過払い金についてです。過払い金とは、本来であればキャッシングの利用社が負担をしないで済むはずの利息のことですが、過払い金が発生する原因となっているのがグレーゾーン金利です。
即日融資キャッシングを行っているのは消費者金融ですが、利用者に対して融資を行う際の金利の上限については利息制限法という法律でその上限が定められています。利息制限法で定められた以上の金利を取ることはあきらかな法律違反となりますが、仮に消費者金融が利息制限法を違反したとしても刑事罰が科せられることはなく、そのため、法律で定められているよりも高い金利での融資を行っている消費者金融も少なからずあります。
また、消費者金融が利用者に対してお金を融資する際の法律にはもうひとつ出資法というものがあり、利息制限法よりも金利の上限が高くなっています。この利息に関する法律が二種類あるという矛盾点を上手に利用したきわめて曖昧な金利のことをグレーゾーン金利といいます。
一部の消費者金融は利息制限法以上、出資法未満の金利を用いて、利用者に余分な利息を請求することがあるのです。